防草対策で街を綺麗に|砂利やシートでしっかり防ごう

未然の予防策

道具

雑草が生い茂っていると、その場の雰囲気が暗いものになってしまいます。草が生えるたびに草刈りを行うのも手間のかかることです。雑草が生えた後ではなく、生える前に防草対策をしましょう。防草対策として有効な手段の一つに防草シートがあります。草が伸びてくる所遮光性のある防草シートを敷いておくと、光合成が上手くいかずに成長が抑制され、みるみるうちに草が生えてこなくなります。シートにはいくつか種類があるので、耐久性や親水性などを考慮しながらより効果のあるシートを使用しましょう。防草シートを一度敷いておくと、長い間草を処理する必要がなくなります。他にも、砂利をしくことも防草対策になります。砂利を敷くと、シートとは違い見た目にも綺麗な仕上がりになります。自宅の庭で防草対策をするなら砂利を利用すると、外観を損ねずにすむはずです。しかし砂利は、その重みで少しずつ地面の中に潜り込んでいきますので、草が伸びてくる隙間ができないように定期的に様子をみましょう。また、雑草に直接薬を散布する方法もあります。草用の薬は、すでに薬が生えている場所、これから生えるかもしれない場所どこにでも使うことができるので、今ある草を枯らしてこれから生えてこないようにすることも容易にできます。薬を使用する際は、使用後の土の状態などに注意して適切に対策を行ないましょう。防草対策にはいくつかの種類があるので、自宅の環境や草の生え方の状況によって上手に使い分けましょう。

定期的な処理で安全に

葉っぱ

大きな木は放っておくと、風や雨などで葉や木の実などが落ちてくるばかりではなく、木の枝や梢が地上に落ちてしまいます。大木を伐採するときは通常とは違う特殊な方法で安全にすすめます。

View Detail

便利な道具

草刈機

雑草抜きを手作業で行う人も数多くいるはずですが、その際は、雨上がりの後に作業をすると楽に行なうことができます。道具を使うときも、スコップや専門の道具を利用して、身体に負担をかけないように工夫しましょう。

View Detail

庭の外観を綺麗に

芝生

自宅の庭の外観を良くするための方法として芝張りがあります。ホームセンター等ですぐに手にいれることができるため、誰でも始めることができます。芝を張る手順は、雑誌やネットを見ながら行なうとうまくいきます。

View Detail