防草対策で街を綺麗に|砂利やシートでしっかり防ごう

定期的な処理で安全に

葉っぱ

木は至る所に生えているものです。山の中や道路沿い、個人の家庭内などたくさんの場所でその姿を見ることができます。しかし木が大きくなると、日陰になってしまったり、木の実や葉が落ちてきたり、倒れる危険などがあるため、定期的に伐採する必要があります。大きな木を伐採するとき、その重みから倒れるものですが、そうすると、近くにある自然や住宅に被害を与える可能性があるので、特殊な方法で伐採を行ないます。大木を処理する特殊な伐採方法とは、木の上に登って、小さい枝や梢を徐々に伐採し、クレーンなどの重機を利用して高いところから安全におろします。そうして段々と木の高さを小さくしていき、周りの建物などに被害が出ないような高さまで整える方法です。特殊伐採には重機が必要になるものですが、場合によっては重機が入れないこともあります。その時は、人力のみで伐採を行ないます。経験のある職人が木に登り、ロープなどを利用しながら確実に作業を完了させます。特殊な木の伐採方法は状況にあわせて臨機応変に変わっていくのです。
特殊伐採にかかる費用は、木の高さによって変わります。三メートル毎に少しずつ値段が上がっていき、それに加えて伐採する本数などによっても費用が追加されます。また、特殊伐採の際の難易度、危険度やオプションでも費用が変わります。依頼する際は、基本料金だけではなく、様々なオプションに係る費用も考慮して、伐採の範囲を決めていくようにしましょう。