防草対策で街を綺麗に|砂利やシートでしっかり防ごう

便利な道具

草刈機

雑草は自宅の庭や校庭の隅などにいつの間にか生えているものです。生命力が強く、放置しておくとその他の植物の成長を妨げる可能性があります。伸びきる前に雑草抜きを行えば、そのような事態を避けることができ、庭の外観もすっきりします。しかし雑草抜きは広範囲を手作業で行なうことがほとんどなので、全部完了させるまで体力を維持することが難しいのです。雑草抜きには、効率良く楽に行なう方法がいくつかあるので、自分自身の負担を減らすために調べてみましょう。雑草抜きを道具を使わずに行なう場合は、雨降りのあとにやると、土が程よく柔らかくなっており、そこまで力を込めなくても雑草を抜くことができます。雑草抜きを手作業するときは、根本からしっかり抜くように心掛けましょう。
また、手作業ではなく道具を使って雑草抜きをする場合は、大きめのスコップなどをつかって辺り一帯を掘り起こすのも良い方法です。掘り起こすことで根っ子を取り損ねる心配もなくなり、スムーズに雑草を抜くことができます。スコップ以外にも、雑草抜き専用の道具を使う方法もあります。通常のドライバーの先に取り付けることで雑草を巻き取りながら抜き取ることができる道具や、隙間に生えていて取りづらい雑草をとるためのブラシ型の道具など様々あります。雑草抜きは、小さい鎌を使って行なうものだという印象がありますが、現在はこのような便利な雑草抜きのための道具が多くあるので、ホームセンター等に行って、使い勝手のよさそうな道具を探すと、効率良く作業を完了することができるはずです。